2021年 6月 のアーカイブ

Posted on 2021/06/19 by KAKUKI PROJECT

morinosで過ごすおだやかで楽しい自然体験

岐阜県美濃市にmorinos(モリノス)はあります。
morinosは「やがて、みんなの森になる」という通り、大人も子どもも森の中で楽しく過ごせる森林教育施設です。
 

  
岐阜県は県土の7割が森林で、森林率が全国第2位という森林資源の豊かな県です。
morinosの併設に岐阜県立森林文化アカデミーがあり、ここから林業従事者や、木工家、森林ガイドなどを輩出。森に関わる人を育て、森に関わる人が集まる場所になっています。
morinosでは、森に関わらなくなり、森や木工の楽しみ方が分からない現代人の入り口となるよう、森を楽しむ仕掛けがいろいろあります。
例えば好奇心のまま遊ぶもよし、森の生態系を詳しく知るもよし、健康のため歩くもよし、火をおこして焼き芋するもよし。遊ぶための道具とやり方が随所にあり、何をして過ごすかは自分次第!時間を忘れて一日中遊んでいられるそんな場所になっています。
 
❚仕掛けがいっぱーい!!
 

森の生き物を観察しよう。覗いたら蜂がいたよ!
 

森の生き物クイズ。誰が食べたんだ~??? 
 

隠れている動物を探せ!
初級・上級とあって動物の隠れている場所も難易度が上がっていきます。大人でも難しい…
 

昔の火おこしを体験。火をおこすのって大変!
摩擦を起こして火種を発生させて、火種を羊毛に移すらしいのですが、煙は出るけど、火種が生まれない!火をおこすのは本当に大変です。
 

 

木工具をかりて工作ができます。釘を打ち付けたり、切ったり、削ったりして遊びます。
 

薪があるので、焚火してマシュマロ焼いたり、焼き芋したり。
 

 

 

 
手づくりの遊具。登れば高台からの眺め。
お山をスコップで掘って落とし穴を作ったり、水を流して水の通り道を作ったり。
好奇心のまま、やりたい放題遊べます。
 
気持ちのいい季節、森で過ごすともっと気持ちがいいですよ!
いろんな人が集まり、いろんな体験ができるmorinosで過ごしてみませんか?
 
 
建物は、建築家・隈研吾氏と森林文化アカデミーの先生と学生たちでワークショップしてデザインを決めていったそうです。岐阜県産の木をたくさん使い、外の空間と中の空間がよく馴染んでいることに感心…。森林文化アカデミー20年間の蓄積(環境、技術、人、そしてネットワーク)によるこだわりが随所でみられ、学びの多い建物です。
 
コラムを運営している後藤木材株式会社も岐阜県産のスギを圧密したデッキ材や床材や、Aパネ(36㎜厚CLT)を納入させていただきました。
 
 
【施設について】
森林総合教育センター(morinos)
〒501-3714 岐阜県美濃市曽代88番地 岐阜県立森林文化アカデミー内
<開館時間・休館日>
開館時間:10:00〜16:00
休 館 日: 火・水曜 (休館日が祝日の場合、翌平日を休館日とします)
       年末年始 (12月29日~1月3日)
*施設の点検・主催行事などで臨時休館することがあります。(事前にお知らせします)
*新型コロナウイルス感染症予防のため、コロナ対策「来る人はコレを必ず読んでね!!」にご協力をお願いします。
 
<利用料>                      
無 料 (プログラム毎に別途費用がかかることもあります。)