フローリング材、デッキ材、一枚板  >  つよスギ

つよスギ

全体を均一に圧縮する特殊な圧密加工と熱処理で、もとの材料の厚みより60%圧縮(10→4)をすることで、硬くて変形や戻りの少ない材料に加工することができます。(最大70%圧縮が可能)また、表面部分だけを圧縮するという他にはない特殊技術も持っています。
この加工により柔らかく変形や収縮の大きい杉が、硬く寸法安定性の優れた木材になります。さらに圧密により比重が高くなった木材は浸透性が少なく水に強いという特徴を持ちます。強度の求められる公共建築物のフローリング材や外部で水がかかるデッキ材にも使用されています。加工性にも優れるため、私たちはキッチンや家具などの商品開発にも取り入れています。

国産圧密杉の特徴

圧密杉木材データ
圧縮率|50%、比重|0.81、曲げヤング係数|12.3kn/㎣、摩耗量|0.14㎜、熱伝導率|0.14W/(m・k)