Posted on 2019/08/30 by KAKUKI PROJECT

【コラム】あいちの木でいえづくり

愛知県のイメージといえば、工業都市でしょうか。
戦後の日本の経済発展を支えた愛知のものづくりは、工業化を先導していきました。

 

ご存じでしょうか。
実は、愛知は美しい自然資源や森林資源が豊富でもあります。
愛知県の森林のうち、木材生産用の林地「人工林」がどれくらいの割合かを示す「人工林率」が全国第3位という木材大国です。これは昔から林業が盛んな地域であったためです。しかし豊富な森林資源を持つ愛知の林業は現在、森林資源の供給先や高齢化と人手不足に悩まされています。

 


(※参照1)

木材の生産量に対して、実際に利用されたのは3割ほどです。しかも、木材として建物の柱や梁などになる太さまで育った良質な木ばかり。このような伐採適齢期を迎えた木材を活用しきれていないのです。これは売り先の問題ばかりでなく、林業の担い手が高齢になっているにも関わらず後継者がいないことや、木材の価格が下がり、売ってもお金にならないという業界の構造に問題があります。こうした問題を解決するには、私たち消費者が、愛知の木を積極的に活用していこうとする「木づかい」の心が求められています。

今回筆者は、そうした問題に消費者として出来る限りあいちの木を使う家づくりに取り組んだ、箕浦さんご家族のお宅に伺いました。


|あいちの木がつくる、家族4人幸せな住まい


箕浦さんのお宅では、柱や梁など構造材や、羽目板や床材を愛知県産のヒノキを使用しました。玄関框には愛知県産のケヤキ、食卓の天板には存在感たっぷりのスギとこだわりの木づかいをしています。








|なぜ、あいちの木をつかおうとおもったのですか?

箕浦さんご夫婦は、いいます。
「愛知県は林業が盛んな地域です。でもそのことは多くの皆さんが知りません。
あいちの木があること、その質の良いことももっとみんなに知ってほしい。」


【間仕切りに使用された愛知県産の杉。木目・色がきれいです】

一方であいちの木で家づくりをしてみて分かったこともあります。
あいちの木を使う工務店は少ないのです。
箕浦さんは、愛知県で、木の現しが得意な工務店で家を建てましたが、そちらが使用する木材の産地は東濃(岐阜)でした。そのため、あいち認証材を出来る限り使用したいとお願いし、あいち認証材を使った家づくりをすることができたのです。

地域の木材を指定して使用することは、その地域の産業(林業)を支援することになります。最近では住宅だけでなく、店舗や保育施設、教育施設などの非住宅でも木造で建てることが増えてきています。木の空間はいいものです。心身の情緒を整え、心がやすらぐだけでなく、箕浦さんのように、地域の木材を指定して使用することで地域経済を助長することができます。そうすると山林の手入れが行き届き、山林の治水が守られるので、綺麗な水が私たちの生活を潤してくれ、山林が深く根張ることで、土砂などの災害からまちを守ってくれます。
また、森林には地球温暖化への抑制効果があることもよく知られています。これは地球温暖化の原因は二酸化炭素(Co2)排出といわれますが、植物はこのCo2を吸収し、固定化するためです。

愛知県では、愛知県産の木材を使用した建物でどれくらいCo2固定化しているのかを数値化する取り組みを行っています。箕浦さんのお宅の場合、愛知県産の木材が貯蔵したCo2量は12.2tになります。日本のCo2総排出量でみると、2014年度は、国民一人あたり約10トン/年排出している換算になります。(※参照2)家一棟あたりのCo2貯蔵量だけでもそれだけの効果を持っているのです。


【「あいち認証材CO2貯蔵量認定制度」よりCO2貯蔵量認定証を交付されます】


|あいちの木を使う民間施設が増えています

愛知県の農林基盤局林務部 林務課 木材利用推進グループでは、愛知県の木をもっと使おうと「あいち木づかいプラン」を策定しています。この取り組みは2003年度からはじまり、以降毎年度策定し、率先して県産木材の利用を進めています。

その取り組みのひとつ「あいち認証材制度」についてご紹介します。
あいち認証材制度とは、愛知県産の木材・製材加工品があいちの木を使用していることを証明し、他県や海外産の木材とは分別管理されていること明らかにした認証制度です。出荷時に「あいち認証材」マークが貼られます。箕浦さんの家に使用された愛知県産の木材にもこのマークが貼られ、あいち認証材であることを明らかにしています。


 
 
時代が変わった今年、令和元年度からは「木の香る都市(まち)づくり事業」が始まっています。この事業ではあいち認証材を活用した、一般の県民が利用する県内の民間施設等に対して支援を行うものです。あいち認証材の普及に取り組むこの制度を利用して、木造のやさしい木の香る建物が私たちの暮らしの身近に作られていきます。
都市の中に木造の建築が増えることで、私たちの暮らしはもっと暮らしやすく、安らぎのあるものになるでしょう。今後のあいちの木の行方が楽しみです。


(※参照1)
愛知県愛知県 農林基盤局林務部林務課木材利用推進グループ
HP「令和元年度「あいち木づかいプラン」を策定しました」より
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/rinmu/0000084307.html

(※参照2)
JCCCA 全国地球温暖化防止活動推進センター
HP「4-3 日本の二酸化炭素排出量について知りたい」より
https://www.jccca.org/faq/faq04_03.html

【取材協力】
箕浦さんご家族(愛知県在住)
ご協力ありがとうございました。


おすすめ商品・サービス