Posted on 2019/01/31 by KAKUKI PROJECT

モクコレ2019 in東京ビッグサイト

1月29日30日の二日間は、日本各地と東京都とが連携した木材製品展示会
モクコレ2019が東京ビッグサイトで行われました。
 
開会挨拶、東京都知事小池百合子氏は、全国自治体に向けてもっと国産材を利用しましょう。このイベントを木材活用のビジネスチャンスにしましょう。東京2020に向けて、都市部と森林がつながり、そして将来つづく森づくりForestVisionを実現し全国の共存共栄を目指しましょうと。
胸につけているブローチは高知産のヒノキでつくったものだそうで、木の積極利用をPRされていました。
また、大阪首都直下型の震災でコンクリートブロックで亡くなった生徒がいたこと、これからは、コンクリートブロックでなく木塀で木材の活用や安心だけでなく、景観のいいモノにしたいという内需から木材の利用を図りましょうとの話をされており、会場には各社から木塀商品の紹介するコーナーがありました。

 
林野庁長官牧元幸司氏は、国産材のGDPが36%まで戻ってきました。森林資源の利用が増えています。しかし川上の問題として、生産量をより増やすために機械の導入をし作業の効率化をしたくても、森林の集約がまずは必要ですと。また森林環境税を使ってよりよい森林づくりをしましょう。新たな提案として国有林の使用もしたいと言われます。木材利用はますます工夫が必要で、中高層の木造化、都市の木化に取り組んでいきましょうと、木材利用の展望を話されました。

 

〈木塀さまざま、個性いろいろです〉
 
各出展社、地域材の活用・ブランディング・研究開発にとても工夫した商品やサービスをご案内しており、とても面白い展示会となりました。木材利用の機運の高まりを感じます。

 福井では恐竜やアウトドアライフスタイル商品

 木と樹脂のハイブリッド素材で光が透ける天板

 オフィスに木のパーテーション。女性4人で3時間くらい組み立てられる簡単なつくり。
 
 
KAKUKIPROJECTでは、木のテーブルとキッチンをご紹介させていただきました。
グッドデザインブースで展示させていただきました。


 
初めて当社の製品を見ていただいた方も多く、お立ち寄りいただきありがとうございました。
国産材はその多くがスギで、軟らかいため、用途によってはそれが制限となる場合もあります。
当社の圧密技術では、軟らかいスギも硬くすることができ、耐水性・耐久性の高い木の天板として、スギを新たな用途で活用されています。
当社は、国産材利用とその普及に取り組み、今後もより多くの皆さまに木のある暮らしをお届けしたいと努力してまいります。