Posted on 2018/09/25 by KAKUKI PROJECT

森林を守ってきた日本の林業はとても苦しい

日本人の生活の根幹を支える、国内の農林水産業。とても重要な産業であるのに、昨今の天変地異、担い手不足、適正価格で売れない…などという長く苦しい時代が続いているといいます。
林野庁のHPでこのように林業の現状についてこのように紹介されています。
 
” 山にある木の価格は、50年間も育てたスギの木で1本2千円くらいにしかならない。
20年前に比べると3分の1まで安くなってしまったけど、山で働く人に払う給料は逆に1.5倍くらいになっているから、木を売って稼ぐ林業は儲からなくなってしまった。
 日本の森林は急な斜面にあるし、林業をやっている人ひとりひとりが持っている森林も小さい。だから、木材をつくる作業に手間がかかるし大きな機械も使いづらくて、たくさん費用がかかってしまう。平らでとても広い森林から、大きな機械で木を伐(き)り出す外国にはかなわない。 だから、木も伐られなくなってしまったし、森林の手入れもしっかりできなくなってしまった。森林は、育った木をきちんと使ってやることが大切なのに。”
 
全文引用:林野庁 森林・林業白書 > 「森林を守ってきた日本の林業はとても苦しい」より
 
 
国産材の需要と供給量は、2005年(平成17年)時点で1,790万m³、2016年(平成28年)時点では2,714万m³でした。10年間で924万m³の増加です。【図1】しかし、価値の高い無垢の柱や建具に使用されるA材の丸太1m³の価格は、2005年時点では12,400円、2016年時点では12,300円と10年経ってもほとんど変化がありません。【図2】丸太が取引される量は全体として増えているのに、A材の取引価格は変わらない。しかも、一方では人件費が上がっているので、地域の林業をとりまく経済は非常に厳しい環境にあると言われます。
 
取引価格が上昇している丸太市場もあります。国策の森林資源活用の推進により、近年は集成材やCLTなどが多く使用される中大規模建築の木造化が増えています。また成長途中の細い材を間伐したあとの利用拡大に、集中して技術開発や産業育成に力を入れてきたなどの背景から、国産材を活用した集成材や合板が増えました。その使いやすさや強度などの品質安定が認められたこと、外材価格の高騰による後押しもあり、国産の集成材や合板に使用されるB材の丸太1m³の価格は、2010年では8,500円だったのに対して、2016年には10,000円まで上昇しています。
素材生産の現場では、無垢の柱や建具に使用されるA材が取れる、良質な太い木が多く育っています。時間と手間をかけた価値のある材が適正価格で取引されることが重要です。儲けを得て、次の山づくりの資金に充てられ、私たちの子ども、孫へと続く持続可能な森林づくりが実現されていきます。
  

図1

図2

私たちはいつまでも美しい山のある景色が残ってほしいと願っています。育った木をきちんとつかってやることが大切、とあるように、良質な太い原木が、高い価値で取引されることが重要と考えて、高付加価値の機能性木材として新たな市場の開拓に取り組んでいます。
スギやヒノキの軟質な木を広葉樹のような硬質な木に変える「圧密技術」を活用した商品開発を行い、そこで生まれた商品に「Gywood」があります。
 
「Gywood」はスギに表面のみを硬質化できる新しいテクノロジーを活用しており、スギの素材の特徴である軟らかさや軽さ、温かみを残したまま、表面のみ広葉樹のように硬いという、特殊な性質をもつ無垢素材です。Gywoodでは一枚板や、2枚接ぎの板、床やデッキといった商品を作っています。
とても質の良い綺麗な一枚板がとれる大径の杉が、採れ時を迎えていて、一枚板や2枚接ぎの幅広の木を生かしたものはとても美しい仕上がりになっています。
床やデッキにしても、軽くて内部は柔らかいのに表面が硬いので、釘効きがよく施工性が非常にいい特性があります。

新しい木材である「Gywood」に、ぜひ注目してみてください。
 
Gywoodはこちらから商品紹介MOVIEをご覧いただけます。

 
Gywoodはナイス株式会社と後藤木材株式会社が共同開発しています。
 


おすすめ商品・サービス