• ホーム >
  • コラムと取材 >
  • 【見学会 】マイウッド岩倉工場に森林文化アカデミーの木工専攻のみなさんが

Posted on 2019/02/16 by KAKUKI PROJECT

【見学会 】マイウッド岩倉工場に森林文化アカデミーの木工専攻のみなさんが

森林文化アカデミーの木工専攻のみなさんが、「木材乾燥事例調査」という授業の一貫で、後藤木材のマイウッド岩倉工場に来てくれました!
マイウッド岩倉工場で加工するのは、スギやヒノキなどの国産針葉樹を圧密成形し、地域産で土足にも対応するフローリングを主に生産しています。
製品の品質に重要な、圧密成形技術や、木材乾燥の関連性、圧密木材の可能性などの話をさせていただき、みなさん、自分が使うとしたら…?と想像しながら真剣に圧密成形技術の可能性に向き合ってくれました。
 
圧密技術は、国産材の可能性を広げ、加工の選択を広げます。
当社としても、圧密木材の製品だからこそ!という製品への挑戦を続けたいと思います。
  

【圧密成形で、木材が圧縮されていく様子を見ていただきます。なかなか見ることのない生産工程にあれやこれやと質問が飛び交いました。】
 

【圧密木材の断面を観察、圧縮され、空隙層がつぶされ繊維が折り畳められていることに感心されていました】
 
森林文化アカデミーの松井先生はじめ、ご参加いただいたみなさんのよい体験になれば幸いです。